世界日報 Web版

沖縄県、「健康長寿復活プラン」で1位奪還へ


「健康長寿復活プラン」で1位奪還へ

宜野湾市で第2回「平均寿命サミット」

 日本の平均寿命は県別では、全国1位が長野県、最下位が青森県、かつて1位で男女ともに凋落傾向にある沖縄県。平均寿命の延伸対策について考える「第2回平均寿命サミット」(主催・沖縄県、沖縄県医師会、琉球大学医学部)が17日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催され、沖縄、長野、青森3県の学術・行政・医療関係者ら約300人が参加した。「食習慣や食環境の改善」をテーマに、各県の食習慣や改善点などを議論した。中でも、全国一の肥満県の沖縄県では、「生活習慣病を防ぐためには子供の時期から対策を講じなければ手遅れになる」という危機感が漂っている。(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ