世界日報 Web版

統合型リゾートで観光振興を


500-1

浦添市でシンポジウム

 2020年東京五輪の開催決定で、わが国に統合型リゾート(IR)導入の機運が高まっている中、IRを起爆剤とした観光振興について考えるシンポジウムが1日、浦添市の国立劇場おきなわで開かれた。参加した県内外の実業家や政治家ら約200人はパネリストの討論を傾聴した。一方、カジノの合法化を目指す超党派の国会議員連盟が、15日に開催予定の臨時国会に「統合型リゾート(IR)推進法案」を提出する見通しだ。
(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ