世界日報 Web版

革新共闘のオール沖縄と決別、自公候補を支援


革新共闘のオール沖縄と決別、自公候補を支援

赤嶺昇・沖縄県議会議長に衆院選の総括などについて聞く

 先ごろ行われた衆院総選挙で中道保守が議席を増やした。翁長、玉城両県政を支えた「オール沖縄」とたもとを分かち、衆院選では自公候補を支援した沖縄県議会の赤嶺昇議長に、衆院選の総括、今後の沖縄政局、玉城デニー知事の評価などについて聞いた。(沖縄支局・豊田 剛)

 ――衆院選では沖縄で自公候補が比例代表を含めて5人当選した一方で、革新は3人から2人に減らした。この結果をどう見るか。

 印象的だったのは、玉城デニー知事の地元である3区で、知事の後継である現職の屋良朝博氏を破って自公が推す島尻安伊子氏が当選したことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ