世界日報 Web版

沖縄振興予算、10年間3000億円維持を要請


沖縄振興予算、10年間3000億円維持を要請

玉城知事が西銘沖縄相と連日会談、特措法の継続で一致

 岸田文雄政権が誕生し、沖縄担当相に地元、沖縄選出の西銘恒三郎衆院議員が就任した。玉城デニー知事は8日と9日、西銘氏と面談し、沖縄振興について話し合い、来年3月に期限を迎える沖縄振興特別措置法の10年継続を推進する意向を示した。(沖縄支局・豊田 剛)

 9日、県庁で西銘氏を迎えた玉城知事は開口一番、「沖縄選出の議員として大臣に就任したことを、大変心強く感じている。いち早い来県を心から歓迎する」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ