世界日報 Web版

保守で前進か、革新に戻るか 石垣市長選、来月2日投開票


保守で前進か、革新に戻るか

中山氏、南西諸島防衛に意欲

 任期満了に伴い3月2日に投開票される石垣市長選は23日告示され、2期目を目指す現職の中山義隆氏(46)=無所属、自民・公明推薦=と返り咲きを狙う前職の大浜長照氏(66)=無所属=が立候補を届け出た。2012年9月の尖閣諸島国有化後、初めてとなる同市長選。中山氏は尖閣諸島を含む南西諸島防衛に意欲を示しているが、大浜氏は「防衛強化で緊張が高まる」と話し合いによる解決を公約に掲げている。(那覇支局・豊田 剛)

 21日、石垣市民会館で中山氏の総決起大会が開かれ、約2500人が集まった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ