世界日報 Web版

来年は祖国復帰50周年、記念の映画を制作へ


来年は祖国復帰50周年、記念の映画を制作へ

実行委を立ち上げ、沖縄復帰の真相や意義を世界に発信へ

 来年5月15日は沖縄県が日本復帰して50周年を迎える。これを記念し、復帰をテーマにした映画を制作するための実行委員会がこのほど立ち上げられ、その機運を高める大会が沖縄県内で行われた。映画を通じて、沖縄復帰の真相や意義を世界に発信するのが狙いだ。(沖縄支局・豊田 剛)

 1972年5月15日、敗戦による米国の占領統治が日本の独立(52年4月)後も続いた沖縄が日本に復帰した。敗戦により施政権を失った土地を27年で戦わずして取り戻したことは世界的に見ても「奇跡」と言える偉業だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ