世界日報 Web版

「自立自尊」を目指した仲井眞沖縄県政の8年間


「自立自尊」を目指した仲井眞沖縄県政の8年間

県政振り返る著書がベストセラー、仲井眞弘多氏に聞く

 2006年から2014年まで2期8年間、沖縄県知事を務めた仲井眞弘多氏の県政運営やその人生を振り返る本『自立自尊であれ』(OXメンバー著、幻冬舎ルネッサンス新書)がこのほど出版され、県内主要書店でベストセラーになるなど注目を集めている。普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を容認した背景や自立経済に懸ける思いなどについて、仲井眞氏に聞いた。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ