世界日報 Web版

1964年の東京五輪と沖縄


宮城 能彦

沖縄大学教授 宮城 能彦

 1964年の東京オリンピック。

 当時私は4歳だったので、直接の記憶がないのが残念である。しかし、当時の沖縄社会の雰囲気や、沖縄県民にとって64年のオリンピックがどんな意味を持つかという話は多くの先輩たちから聞いてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ