世界日報 Web版

知事に批判の矛先、コロナ感染爆発は「人災」か


知事に批判の矛先、コロナ感染爆発は「人災」か

全国初、10万人当たりの陽性者100人超、医療体制も逼迫

 新型コロナウイルス感染が拡大の一途をたどる沖縄で、玉城デニー知事に批判の矛先が向かっている。5月の大型連休前に適切な措置を取らず、連休明けに感染者が爆発的に増えたことや、そんな中で2度も上京したり、自身が同居家族以外とバーベキューをしたことなどから、「人災」との批判が強まっている。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ