世界日報 Web版

中国海警4隻 領海侵入、今年18回目 沖縄・尖閣沖


国境警報

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で29日、中国海警局の「海警」4隻が日本の領海に侵入。操業中の日本漁船に接近する動きを見せたため、海上保安庁の巡視船が安全を確保し、領海外へ出るよう警告した。尖閣諸島沖での中国公船の領海侵入は24~25日以来で、今年で18回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、4隻のうち2隻は午前2時55分ごろ、南小島の南東で領海に侵入。直後、付近で操業中の日本漁船3隻に接近した。同8時40~55分ごろには、もう2隻が魚釣島西で領海に侵入。4隻とも同10時45~50分ごろ、南小島の南などから領海を出た。

(沖縄支局)

     ◇

 一方、防衛省の発表によると、先週1週間で、21、25日、日本海で、25、27日には東シナ海において(21日はオホーツク海および太平洋でも)、領空侵犯の恐れがある航空機に対し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進した。防衛省は運用上の機密保持のため、対象機の国籍には逐次言及しないとしている。

(川瀬裕也)