世界日報 Web版

次期沖縄振興計画、素案作成が月末にずれ込み


次期沖縄振興計画、素案作成が月末にずれ込み

2021年度末に期限を迎える特措法、問われる県の交渉力

 沖縄県は、2021年度末に期限を迎える沖縄振興特別措置法(以下、特措法)の延長や次期沖縄振興計画の策定に向けて素案をまとめている。が、ゴールデンウイーク明けの目標が月末にずれ込む見通しだ。政府・与党が振興計画の単純延長はないという立場を取る中、県がどのように交渉力を発揮するかが問われている。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ