世界日報 Web版

玉城沖縄県知事、戦跡公園内の採掘禁止を見送り


玉城沖縄県知事、戦跡公園内の採掘禁止を見送り

遺骨混入のおそれで問題化、制限は「法制上の限界」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古沿岸部の埋め立てに関し、玉城デニー知事は16日、沖縄本島南部糸満市の沖縄戦跡国定公園内の鉱山で埋め立て土砂調達のために開発を計画している業者に自然公園法に基づく措置命令を出す方針を発表したが、採掘を全面禁止する措置は見送った。採掘反対の運動は、辺野古移設阻止運動と連動しており、玉城県政としては苦しい決断となった。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ