世界日報 Web版

尖閣諸島の領有権、国際周知を図るべき


尖閣諸島の領有権、国際周知を図るべき

主権侵害行う中国海警局、大局的観点から戦略的な対策を

 菅義偉首相は15日から訪米し、16日に世界の首脳の中で初めてバイデン大統領と会談する。中国が日本の施政を損なおうとする一方的な行動を継続する尖閣諸島(沖縄県石垣市)、台湾海峡の情勢、日米同盟などについて、沖縄県選出の国場幸之助衆議院議員に聞いた。(聞き手・豊田 剛)

 ――尖閣諸島沖には連日、中国海警局の公船が排他的経済水域や領海内に侵入し、緊張状態にある。

 尖閣諸島は我が国固有の領土であり、尖閣諸島をめぐり解決しなければならない領土問題はそもそも存在しない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ