世界日報 Web版

被災地支援に尽力、仲井真元沖縄県知事に聞く


被災地支援に尽力、仲井真元沖縄県知事に聞く

トップダウンで迅速な対応、「日本の一員として当然」

 東日本大震災発生から明日で10年になる。沖縄県は、積極的に被災地支援を行った。当時の仲井真弘多(ひろかず)知事は、その決断力と政治力、交渉力でスピーディーな支援を実現。大震災を想定した災害対策の強化にもすぐに着手した。(沖縄支局・豊田 剛)

 「これは国難だ。日本の一員として、どこであれ困っている所に手を差し伸べるのは当然のことでしょ」。東日本大震災の感想について尋ねると、開口一番、こう答えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ