世界日報 Web版

浦添市長選、那覇軍港移設の是非で保革が激突


浦添市長選、那覇軍港移設の是非で保革が激突

「容認」の玉城知事には不都合な選挙、7日投開票

 日米両政府が那覇軍港の移設先としている浦添市の市長選が1月31日告示され、2月7日の投開票に向け選挙戦に突入した。届け出順に、自公推薦で3期目を目指す現職の松本哲治氏(53)と、共産や社民など革新勢力が支援する前浦添市議の伊礼悠記氏(38)の2人が立候補。米軍基地問題が大きな争点となる保革一騎打ちの選挙は2019年7月の参院選以来、1年半ぶり。来年11月に予定される知事選の前哨戦として注目される。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ