世界日報 Web版

万国津梁会議と玉城デニー県知事との癒着疑惑


万国津梁会議と玉城デニー県知事との癒着疑惑

諮問会議がSDGs実施指針案を決定、「性の多様化」も盛り込む

 学識者らでつくる沖縄県の諮問機関、「万国津梁(しんりょう)会議」の五つの部会の一つ、「SDGs(持続可能な開発目標)に関する会議」は8日、「沖縄SDGs実施指針(案)」と題する最終報告を知事へ提出した。県は今後、この報告を基にSDGs推進へ向けた具体的な施策を展開する。一方で、諮問会議のあり方をめぐり疑念が生じており、玉城デニー知事の説明責任が問われている。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ