世界日報 Web版

中国による有事を想定、日米が合同演習を実施


中国による有事を想定、日米が合同演習を実施

大規模図上演習「ヤマサクラ」を米軍キャンプや健軍・朝霞駐屯地で

 陸上自衛隊西部方面隊と米陸軍・海兵隊が参加する日米共同指揮所演習「ヤマサクラ」が12月2日から14日まで健軍駐屯地(熊本市)や朝霞駐屯地(東京都練馬区など)、沖縄県うるま市の米軍キャンプ・コートニーなどで実施された。仮想敵国に対する明言はないが、軍事拡大する中国による有事を想定し、日米合同作戦での上着陸阻止や島嶼(とうしょ)部での戦闘作戦をシミュレーションした。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ