世界日報 Web版

沖縄県民が抱くコンプレックス


宮城 能彦

沖縄大学教授 宮城 能彦

 私は日本人であることに誇りを持っている。1972年に沖縄が日本に復帰してほんとうに良かった。小学6年生だった。

 ところが、日本復帰を否定する人たちが沖縄のメディアや大学に少なくない。そういう人たちは国旗を掲揚することや国歌を斉唱することすら否定してしまう。さらには、自衛隊の存在を否定し、国防のための自衛隊配置にまで反対する。とても残念でならない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ