世界日報 Web版

沖縄・名護市で引きこもり・就労支援施設を経営


沖縄・名護市で引きこもり・就労支援施設を経営

自身の体験から「アトリエみらい」を造った東邦治理事長

 引きこもり・就労支援相談員の東邦治(あずまくにはる)理事長は沖縄本島北部の名護市で障害者のための就労支援施設を営んでいる。コロナ禍で経営が悪化している中、無農薬野菜の生産・販売で活路を見いだしている。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ