世界日報 Web版

新型肺炎により観光客減少、沖縄観光経済を直撃


新型肺炎により観光客減少、沖縄観光経済を直撃

今年度50万人減想定、南西地域産業活性化センターが試算

 沖縄の民間シンクタンク、一般財団法人南西地域産業活性化センター(NIAC)はこのほど、沖縄県経済の2019年度実績見込みと2020年度見通し、さらには、新型肺炎コロナウイルスによる訪日中国客の減少が県経済へ及ぼす影響についてリポートを発表した。今年度50万人の観光客が減少すれば、就業者数が1940人減るという悲観的なデータとなっている。(沖縄支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ