世界日報 Web版

首里城火災で感じた戸惑い


宮城 能彦

沖縄大学教授 宮城 能彦

 ネット配信の「沖縄タイムス+プラス」の速報で首里城正殿が激しく燃えていることがアップされたのが、31日の午前4時53分。それからわずか6時間後には「首里城炎上 沖縄相『心を痛めている』」という記事が配信された。

 その後、12時44分の記事では、「『正殿は焼け落ち、龍柱は黒くなっていた』首里城炎上、那覇市長が視察」。同51分に「全焼した首里城、知事が現地視察 対策本部設置へ 韓国から予定早め帰国」と那覇市長や県知事が迅速に対応していることが報じられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ