世界日報 Web版

東京のイスラム教モスク 信仰と感染防止の両立に腐心


イマームのチナル・ムハンメット・リファットさん

 「これまで以上に清潔さを保つことに注意を払うようにしましょう」

 東京ジャーミイのイマーム(イスラム教指導者)は11日、集団礼拝に集まった参加者に感染予防の重要性と徹底を訴えた。預言者ムハンマドの「清潔さは信仰の半分にあたる」という言葉を引用し、「定められたルールを守るのを怠ったりすることは、アッラーの御前においては望ましくないふるまいであることを忘れないように」と強調する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ