世界日報 Web版

統一地方選前半戦結果 維新や造反保守に批判票


統一地方選前半戦結果 維新や造反保守に批判票

不十分な野党側の受け皿

 参院選の前哨戦である統一地方選挙は、7日に前半戦の11道府県知事選、41道府県議選、6政令市長選、17政令市議選の投開票が行われ、各政党メディアが取り上げた。注目された大阪府知事・市長ダブル選で勝利した大阪維新の会は機関紙を持たず、ホームページで市長選に当選した松井一郎代表と知事選に当選した吉村洋文幹事長の記者会見の動画を載せている。

 自民党の機関紙「自由民主」(4・16)は「衆院補選スタート」が1面トップで、「統一地方選前半戦」は2番手の控え目な扱い。大阪維新の会に与野党包囲網を築きながら敗れたためか、大阪の敗北は記事で全く触れていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ