世界日報 Web版

各党首選に注目度の差 支持率に繋がらぬ国民民主


ネットや青年動員も実らず

 9月は国民民主党代表選、自民党総裁選が行われたが、双方の注目度の差は大きかった。

 国民民主党の機関紙「国民民主」(9・21)は、4日の代表選結果を受けて「玉木雄一郎新代表を選出」の見出しで結果を報告。代表選のあった臨時党大会で玉木候補は、「国民民主党が一番しなくてはいけない改革を『格差を放置する今の政治を根っこからたたきなおし、不平等と利権をただし、公正な社会をつくる改革』とし」たと訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ