世界日報 Web版

変化する党「民進」が解説 地方議員参画、「友党」連携


“新体制”まで弥縫策で維持

 民進党の分かりにくさは所属議員・党員、サポーターにとってもそうなのだろう。同党機関紙「民進プレス」(3・16)は2~3面に「党はどう変わる!?/大会決定事項を受けて変化する党」を特集した。桜井充党組織委員長のインタビューで説明し、変更点の解説記事を載せている。

 一つには地方議員の存在感、発言権が強まった。衆院小選挙区ごとの総支部、都道府県単位の総支部連合、衆院比例ブロックごとのブロック協議会、本部などの党組織に地方議員が参画するようになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ