世界日報 Web版

JOC要望聴取「自由民主」 試される「スポーツ立国」


JOC要望聴取「自由民主」 試される「スポーツ立国」

平昌後もメダルの伸びしろ

 平昌冬季五輪の次は「北京五輪で過去最多の金メダル数を獲得することを目標」とする日本オリンピック委員会(JOC)は、新たな冬季競技用ナショナルトレーニングセンター(NTC)の整備を自民党に要望した。自民党機関紙「自由民主」(3・13)が、1日の党スポーツ立国調査会の会合でJOCから報告・要望を聴取した記事を2面に掲載している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ