世界日報 Web版

立憲民主の新年挨拶回り、労組など新年会をはしご


左翼系団体の基軸政党に

 「右でもなく左でもなく前へ進む」と立憲民主党の枝野幸男代表は中道をアピールした。「新しい選択肢を掲げたい。一緒に進んでほしい」と衆院選最後の訴えをした昨年10月21日、地元さいたま市でのことだ。

 その後どうか。同党ホームページのニュースを見ると、枝野氏は5日に「連合2018新年交歓会」「私鉄総連2018年新春旗開き」、9日に「日弁連2018年新年挨拶交換会」「運輸労連新春交歓会」、11日に「日教組『新春のつどい』」、12日に「自治労新年交歓会」に出席。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ