世界日報 Web版

「民進の出直し」 遭難した党組織で議論百出


「民進の出直し」 遭難した党組織で議論百出

参院不要論跳ね返す存在に

 党の衆院側が公認を出さない選挙で、希望の党、立憲民主党、無所属と3分裂した民進党。衆院選後の前原誠司代表辞任・離党、またもや代表選というお家騒動が続き、11月に機関紙「民進プレス」は発行されなかった。発行日(第3金曜)11月17日付の同紙が出たのは12月に入ってから。遭難とも言える党のダメージがうかがえる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ