世界日報 Web版

「解散」叫べぬ野党紙 北方領土交渉に批判だけ


「解散」叫べぬ野党紙 北方領土交渉に批判だけ

二階氏の言葉借りた「赤旗」

 年末を迎えた。与党側から解散風が吹き一時期「年末解散」の臆測も流れた一方、野党の機関紙には今年も解散を求める見出しが躍らなかった。

 民主党政権時代に野党の自民・公明両党は、「政権奪還」のため衆院解散を訴えた。これが機関紙の「自由民主」や「公明新聞」に載った。民進党の前身・民主党の機関紙「プレス民主」も2007年参院選で当時の自公与党が負けて参院で少数になると、次は衆院解散を要求して「政権交代」を唱える記事が連続した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ