世界日報 Web版

民主党の争点設定、1人区で反安保法共闘


岡田克也代表

格差解消の共生社会提唱

 民主党の機関紙「プレス民主」2月5日号は党大会を扱った。夏の参院選に向けた決起大会でもあり、民主党が打ち出す選挙争点がうかがえる。同紙1面「民主党2016年度定期大会」「党のためではなく日本のために」(見出し)との岡田克也代表あいさつ記事などから、①共生社会②反安保法制③政治刷新―などを公約化し「民主党マニフェスト」として有権者に訴える方向だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ