世界日報 Web版

「自由民主」党大会延期


政治に影響する感染拡大 運動方針で憲法改正を強調

 自民党機関紙「自由民主」1面に同党にとって重要な行事の延期が連続して布告された。いずれも一般多数の参加が見込まれる。

 「故中曽根元総理の合同葬を延期/新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、政府とわが党は2月25日、今月15日に予定されていた故中曽根康弘元総理・総裁の内閣・自由民主党合同葬(葬儀委員長=安倍晋三総理・総裁)を当面延期することを決めた」(3・17)

 「第87回定期党大会を延期/本年3月8日に開催を予定していた『第87回定期党大会』は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、延期となりました」(3・3)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ