世界日報 Web版

川崎殺傷事件で、トリアージの成果や誤った報道を取り上げた各誌


◆秋葉原事件が生きる

 19人が被害に遭った川崎市の殺傷事件から1週間以上経(た)った。各誌とも突発事への対処の仕方について力を注いでいる。

 女性セブン6月13日号の記事「51才殺人鬼―」の中では「救急隊が到着すると、最初に行われたのがトリアージだった」と現場の救済場面が描写されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ