世界日報 Web版

米中対立を「覇権争い」の本質から中国に構造改革の確約求めた産経


◆世界に悪影響が波及

 トランプ米政権が中国からの輸入品2000億㌦(約22兆円)相当に課している追加関税を10%から25%に引き上げた。これに対し、中国は6月1日に報復関税を実施すると発表すると、米国は中国からの輸入品全てに追加関税を課すと表明するなど、米中貿易戦争が激化の様相を呈している。

 各紙はこの米中という世界第1位と2位の経済大国同士の貿易摩擦問題を社説で取り上げ、日経は11日付と15日付で、読売が12日付と15日付で2回、他紙は東京が11日付、朝日、毎日、産経が12日付、本紙が13日付で論評を掲載した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ