世界日報 Web版

原爆Tシャツ問題で韓国の無知とテレ朝の措置の双方を批判する新潮


◆新たな日韓の火種に

 韓国の世界的ポップスター「防弾少年団(BTS)」が過去に原爆をあしらったTシャツを着ていた問題について、週刊誌はそれを批判する一方で、番組出演を見送ったテレビ朝日の対応も批判している。

 週刊新潮(11月22日号)は「原爆被害国としてこのような侮辱に対し怒って当然」という「元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏」の「憤り」を紹介し、またBTSのメンバーが「過去にナチス親衛隊の記章をあしらった帽子をかぶった」として米ユダヤ系人権団体の「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」も批判したと伝えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ