世界日報 Web版

東京五輪まで2年、酷暑を吹っ飛ばし、とにかく元気が出る産経の主張


◆暑さ対策重視の各紙

 猛烈な酷暑に襲われている日本列島。暦の上で大暑となった24日は熊谷市などで国内の観測史上の最高気温を更新する41・1度、東京・青梅市では都内初の40度超え(40・8度)を記録した。

 この24日で、開幕まで残り2年となった2020年東京五輪・パラリンピックでは、競技スケジュールの大枠が決まり、競技会場の建設や整備など受け入れ準備などが進む。一方で、大暑にかかる期間の五輪開催で暑さ対策も織り込まれてきたが、これまでにない東京などの猛暑の前に改めて暑さ対策が重要課題として浮かび上がってきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ