世界日報 Web版

次官セクハラで野党議員のミー・トゥーに苦言出た「報道プライム」


◆釈然としないテレ朝

 福田淳一財務省事務次官が18日、週刊新潮(12日発売)で報道されたセクハラ疑惑を否定しつつ辞任を表明すると、日付をまたぐ19日午前零時にテレビ朝日が記者会見を開き、女性記者に福田氏からセクハラがあったと発表した。省庁と記者クラブの癒着に落とし穴があったのだ。

 それまで、同誌上の匿名被害者には臆測が飛んだ。森友問題で揺らぐ財務省、野党に手を焼く政府与党などの状況があり、しかも記者となればスキャンダルを追うのは仕事のうちだからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ