世界日報 Web版

米国の貿易制裁措置にそろって「一方的」「独善」と強い批判の各紙


◆最も厳しかった日経

 朝日「貿易戦争回避に全力を」、毎日「混乱広げる独善的強硬策」、東京「報復合戦でなく交渉を」とリベラル系3紙が訴えれば、保守系3紙も同様に、読売「勝者なき貿易戦争を避けよ」、産経「国際秩序を損なう独善だ」、日経「米国は一方的措置で通商秩序を乱すな」と対米批判の声を上げた――。

 米国のトランプ政権が22、23日と発動決定や発動を実施した貿易制裁措置に対して、各紙が24日付で掲載した社説の見出しで、保守系紙の方が全般的に厳しい論調になった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ