世界日報 Web版

2年後の東京五輪での北朝鮮によるサイバー攻撃に警鐘を鳴らす文春


◆猛攻に晒された韓国

 平昌冬季五輪が終わった。厳寒、強風、入場チケットや宿泊、交通手段の確保困難など課題は幾つもあったが、何より北朝鮮の参加で政治ショーと化し、文在寅韓国政権がいかに北朝鮮との対話を求めて“丸裸”になろうとしているかがよく分かった。

 丸裸と言えば、サイバー世界では韓国は猛攻に晒(さら)されていたようだ。開会式直前にシステム障害が起こり、プレスセンターのインターネットがダウンしたり、観客のチケットが印刷できなくなるなどサイバー攻撃が頻繁に行われていたという。どこからか。北朝鮮からだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ