世界日報 Web版

新閣僚のアラ探しに終始し「将来の総理候補」潰す文春・新潮


◆江崎氏に集中砲火へ

 「第3次安倍第3次改造内閣」がスタートした。週刊誌は血眼になって“身体検査漏れ”を探し、大臣席に就くやいなや引きずり降ろすべく、手ぐすね引いていた。ところが、自ら“飛んで火に入る夏の虫”がいたのには驚いた。江崎鉄磨沖縄北方担当相のことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ