世界日報 Web版

与党政治家への感情的な反発心をあおることに執着する文春・新潮


◆「選挙妨害」との声も

 このところ、週刊誌は政治の話題で騒がしい。下村博文元文科相の「闇献金」を週刊文春(7月6日号)が報じれば、週刊新潮(7月6日号)は金子恵美代議士の「公用車で保育園」送迎を報じている。“権力の不正を暴く”のは報道の役割でもあるが、“疑惑”段階のものや、法や規則的には問題ないことを伝えて、感情的な反発心をあおるとなると、「権力の不正追及」とは違うんじゃないかと思わざるを得ない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ