世界日報 Web版

トランプ氏の「わいせつ発言」報道で“下衆な知性”を発揮した新潮


◆勝負あった大統領選

 米大統領選は投票まで1カ月を切った段階で、「勝負あった」状態になっている。安易な予想はすべきでないが、この状況で共和党候補のドナルド・トランプ氏が当選したら、選挙人獲得という米大統領選の仕組みを知り抜いたテクニックの勝利か、でなければ、ペテン以外の何物でもない。

 トランプ氏が“詰んだ”のは「史上最も醜い」と言われた第2回討論会もさることながら、ワシントン・ポストに暴露された「わいせつ発言」動画で共和党からも見放され、窮まったことによる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ