世界日報 Web版

リオ閉会式の「安倍マリオ」登場に「政治利用」と難癖付ける朝、東京


◆見出し工夫する各紙

 南米初の「スポーツと平和の祭典」リオ五輪が幕を閉じた。日本選手団は過去最多のメダルを獲得しただけに閉会式を伝える各紙は「熱狂 東京に続く」(産経23日付)「さあ4年後は東京の出番だ」(読売社説=23日付)と、東京五輪への“決意表明”を思わせた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ