世界日報 Web版

国際情勢を宗教や歴史を含む地政学から読み解くダイヤモンド特集


◆重要性増す「地政学」

 シリアをはじめとする中東諸国、アフガニスタンやパキスタンなどの中央・南アジア、ロシアとウクライナの対立、ミサイル実験で世界から非難を浴びる北朝鮮、そして南シナ海の南沙・西沙諸島を軍事拠点化する中国。世界をざっと見渡しただけでこのくらいの紛争地域の名が挙がる。このような複雑に絡み合った国際情勢を読み解く上で重要性を増しているのが「地政学」だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ