世界日報 Web版

朝日鼎談で仏の「非嫡出子が半分」を評価する自民・野田氏の不見識


◆“売れる素材”放さず

 週刊文春が2月18日号で宮崎謙介衆院議員(当時)の「ゲス不倫」を暴いて、辞職に追い込んだが、それだけで済むとは誰も思っていなかった。会見で宮崎氏は他にも女性問題があったことを認めていたからだ。予想通り、次の25日号で第2弾が炸裂(さくれつ)した。

 議員辞職して“私人”になれば、引き続き追い掛けられることはあまりないが、週刊誌として宮崎氏は“まだまだ売れる素材”だ。手放すはずがないし、都合のいいことに、叩(たた)けば叩くほど埃(ほこり)が出る。何よりも彼の「ゲス」っぷりを叩く分には読者が喜ぶ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ