世界日報 Web版

「同性婚」教える中学を「最先端」と褒めちぎったNHK「おはよう日本」


◆多様な性の複雑怪奇

 この欄で筆者は最近、いわゆる「LGBT」(性的マイノリティ)をもてはやす新聞・テレビを批判することが多くなっている。そこで、批判してばかりいてはいけないと、当事者や支援者団体が企画する勉強会に時々参加することにしているが、参加する度に複雑な知的作業を強いられて疲労困憊する。

 先日も都内で行われた講演会に足を運び、LGBTやら性の多様性やらについて、学生時代に戻った気分で勉強したが、複雑怪奇な「セクシャリティ」の定義に、50人あまり集まった中でまともに理解した人はどれだけいるのか、と疑いを深めて帰宅した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ