世界日報 Web版

米中の宇宙開発の協力を後押し―NW日本語版の“軟弱外交”のススメ


◆一貫して「宇宙開発」

 ニューズウィーク(NW)日本語版12月8日号に「宇宙での『中国外し』は限界」と題し、「宇宙開発 NASA(米航空宇宙局)が中国と協力することは禁じられているが存在感を強める中国を無視し続けるのは難しい」(リード文)という内容の記事が載っている。

 中国は2003年、中国人初の宇宙飛行に成功したが、その後も一貫して宇宙開発に力を入れている。03年当初、中国がその年のうちに有人宇宙飛行を行うと世界に宣言したが、当時の弊紙の記事を見ると、「中国は国威発揚と国防力強化を狙っており、世界的に宇宙戦略の時代の突入の感が強い」と論評している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ