世界日報 Web版

ロシア機撃墜の上にシリアでの露の危険な動きに警告発するWSJ


◆シリア情勢が複雑化

 ロシア軍爆撃機がトルコ軍機に撃墜されたことで、シリア情勢はいっそう複雑化してきた。パリ同時テロもありこのところ欧米各紙は過激派組織「イスラム国」(IS)、シリア情勢への注目が高いが、ロシアの介入には総じて慎重だ。

 ロシアは9月、シリア内戦への本格介入を開始した。アサド政権を支持するロシアは、ISへの空爆を強調するが、同時に、欧米、アラブ諸国が支援するシリア反政府組織などへの空爆も行われ、欧米から批判されてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ