世界日報 Web版

MRJ初飛行成功に日本の航空機産業の一段の発展を鼓舞する各紙


◆エール送る毎日など

 三菱重工業と子会社の三菱航空機が開発中の、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日、愛知県豊山町の県営名古屋空港で初飛行に成功した。MRJは1960年代に開発されたプロペラ機の「YS11」以来、約50年ぶりの国産旅客機。2008年の開発着手から7年を経て、実用化に向け大きなステップを踏み出した。

 各紙も社説で「航空産業育成の一歩に」(毎日12日付)、「国産技術の未来切り開け」(産経)、「世界へ羽ばたく大きな一歩」(本紙14日付)などとMRJ初飛行の成功を称(たた)える論評を掲載した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ