世界日報 Web版

訪米した習近平中国主席に厳しく臨んだオバマ大統領を各紙が注目


◆冷めた関係が表面化

 「習氏の訪米はローマ法王訪米の熱狂でかすみ、中国が求めたとされる米議会での演説や、新たな米中コミュニケの締結にも至らなかった」(産経9月30日付・山本秀也)という記事が示すように、米中両国にとって成果の乏しいものに終わったと言えよう。

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席が先月25日にワシントンで行った米中首脳会談を報じた朝日(同27日付)の第1面トップ見出し「米中、対立激化は回避」「サイバー連携 合意/南シナ海 進展なし」が、そのことを端的に示していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ