世界日報 Web版

「こうのとり」成功で日本の存在感高める宇宙開発の意義訴えた産経


◆財政の逆風下で成功

 19日にH2Bロケット5号で打ち上げられた無人補給機「こうのとり」5号が24日夜、国際宇宙ステーション(ISS)に無事到着した。米露の補給機が打ち上げに失敗する中、最後の砦(とりで)とも言うべき日本の「こうのとり」だったが、今回も過去4回と同様、ほぼ完璧な打ち上げだった。

 社説で論評したのは3紙。日付順に記すと、21日付産経「宇宙技術で存在感高めよ」、22日付本紙「安定した実績を積み重ねたい」、23日付読売「信頼される日本の宇宙技術に」である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ